体温調整がうまくできない

更年期にあらわれる症状

先生

女性の場合、体の調整がうまくできなくなる時期があると言われますが、そのような状態を一般的に更年期障害と呼んでいます。 ほとんどの女性が、閉経をむかえる頃にあらわれるとして様々な症状を訴えるようになります。 その特徴が不快と感じるものが多いと言われますが、なかでも体温調整がうまくできなくなる場合があります。 急に体がほてったり、そんなに寒くもないのに冷えに悩まされるということが起こります。 更年期障害の症状でホットフラッシュと呼んでいますが、度々そんな状態になるとして解決が望まれます。 はじめて経験することに解決方法が見つからないといったときは、いろんな人たちの体験談を聞くことで今後の対策がわかってきます。

強い冷えやほてりに悩む

私たちは体のバランスが整っていることで快適な生活ができるわけですが、 女性が経験する更年期障害はそうではなくなるとされています。毎日いろいろな不快とされる症状に悩まされ、どうしてよいかわからなくなります。 普段体の調整は自律神経が行うわけですが、更年期障害を患うと特にそのバランスを失うと言われます。 人前で必要以上の汗が出て、恥ずかしい思いをしたという人もたくさんいます。 体温調整の働きが悪くなるとして、 普段起こらない冷えやほてりに悩まされるわけです。 解決の方法として女性ホルモンの量を確かめ、足らないとすればホルモンを補給できる治療が婦人科で行われています。 自力で治す選択肢と、専門家のちからを借りるという方法を選べます。