更年期の様々な症状

看護師

更年期障害は耳にしたことがあるけれども、実際には何が原因か、そしてどのような症状が起こるかが分からないという方もいるかもしれません。更年期障害は女性ホルモンの減少で引き起こされるものです。ですから、閉経前後に起こることが多い障害と言って良いでしょう。40代から50代にかけて起こるのですが、肉体的には全身疲労、火照り、のぼせ、頭痛などが挙げられます。代表的なのが、ホットフラッシュと呼ばれるものです。何もしていないのにとてつもなく発汗する現象です。精神的にも症状が現れるのですが、イライラが止まらなくなったり、うつ症状に陥ったりなどします。症状は人によっても差がありますから、このような症状が出たから絶対に更年期障害とは限りません。

更年期になると更年期障害も発症することがあるのですが、予防のためにも生活習慣には気を付けましょう。生活習慣の乱れによって更年期障害だけではなく、認知症や様々な生活習慣病を引き起こしてしまうことがあります。更年期になると急激に女性ホルモンが減少しますから、ホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れてしまい、肉体的にも精神的にも色々な影響を及ぼしてしまうのです。時には自分自身でコントロールすることが出来ない場合もあるので、そういった場合は早めに専門のクリニックなどで見てもらいましょう。適切な薬を投与することによって症状を緩和させることが出来ます。薬によっては副作用が発生することもありますので気を付けましょう。