閉経前後の症状と治療方法

女性ホルモンの減少が原因

先生

女性は40歳を過ぎた頃から卵巣から分泌されるエストロゲンが減少して行きます。卵巣の機能の衰えによって分泌量が減少して行くのです。このエストロゲンは女性ホルモンの1つで減少することでホルモンバランスが乱れてしまい、体に様々な症状が現れるようになります。閉経もエストロゲンの分泌量の減少が関係しており、50歳前後で女性は閉経を迎えます。症状が現れるのは平均して約45歳〜55歳の間といわれています。この期間は更年期と呼ばれている期間で、症状が強い場合を更年期障害といいます。症状としてほてりやのぼせ、体の痛み、発汗、イライラ、憂うつ、不眠など個人でそれぞれ違っています。特に症状が重く日常生活に支障をきたす場合は、婦人科や内科で治療を受ける必要があります。

更年期障害がエストロゲンという女性ホルモンが減少して起きますから、エストロゲンの分泌量を補う治療方法が有効です。これはホルモン補充療法で病院ではエストロゲンが含まれた飲み薬や塗り薬、貼り薬が処方されます。また、個人の身体の状態と症状を考えて、エストロゲンと女性ホルモンの1つである黄体ホルモンが混合した薬が処方されることがあります。ホルモン剤というと身体に良くないイメージを持つ方もいますが、体内で減少したホルモンを補う治療ですから不安にならず医師と相談して治療を受けるようにしましょう。更年期障害の治療には骨粗しょう症や動脈硬化を予防する効果もあります。更年期障害が憂うつなどの症状が強い場合はカウンセリングといった治療方法を取る場合もあります。