閉経前後の症状と治療方法

先生

更年期障害とは閉経が近づいた女性に現れる症状です。原因として卵巣機能の衰えによる女性ホルモンの減少があります。ほてりや体の痛み、イライラ、不眠等の症状があり、更年期障害の治療としてホルモン補充療法や漢方薬、サプリメントを使用します。治療を行うことで骨粗しょう症や動脈硬化を予防する効果もあります。

詳細を確認する

更年期の様々な症状

看護師

更年期障害は更年期時に発症する障害です。女性ホルモンが急激に減少することによって身体のバランスが崩れてしまい、様々な症状が現れます。ホットフラッシュなどは更年期障害の代表的な症状でひどく発汗し、身体が火照ります。

詳細を確認する

体温調整がうまくできない

先生

体の調整がうまくできないと言われる更年期障害はとてもつらいとされ、なにかよい方法を見つけて解決を図ることが大事であります。 いろんな意見がありますが、簡単に女性ホルモンに等しい成分を補給できると評判です。

詳細を確認する

更年期を知っておこう

更年期に何が起きるのか

悩み

一般的に45歳〜55歳ぐらいに起きやすい更年期障害。ホルモンバランスの乱れが原因で様々な症状を引き起こします。中でも多いのが、ホットフラッシュ、冷え、動悸、多汗、頭痛、めまい、むくみ、吐き気、肩こりなどです。急にカーッと熱くなるホットフラッシュやのぼせ。これらは気温や状況に関係なく突然起こります。真冬の屋外であっても、いきなり滝のような汗をかくことがあります。人に見られるのが恥ずかしいと、それがストレスになっているという人もいます。こういった症状は「冷え」が原因しているので、日頃から身体を冷やさないようにしておくことが大切です。更年期障害だろうと我慢するのではなく、辛い症状を少しでも軽減させる為に婦人科を受診することをおススメします。

メンタル面のケアも必要

更年期障害の症状は身体面だけではありません。深刻なのはむしろメンタル面だとも言われています。イライラや不安感、意欲の低下、うつなどといった症状に悩んでいる人が少なくありません。この時期は子育てがひと段落し、子どもが離れていく喪失感もあります。一方で老いた親の介護に直面する時期でもあります。ライフスタイルが変わることでストレスも大きくなり、心のバランスを保てなくなってしまうのです。更年期障害の時期と重なることで、より深刻な症状として表れてきます。人生を頑張ってきたからこそ生じるものと捉え、我慢せずに受診することが大切です。また趣味やスポーツ、旅行などで鬱々とした気持ちを発散させることもおススメです。ポジティブに、そしてアクティブに更年期を乗り越えていきましょう。